楽な大腸内視鏡検査(大腸カメラ)、痔・肛門は、そらの内科肛門外科クリニック

そらの内科肛門外科クリニック
■内科■肛門外科■消化器外科■麻酔科
0985-26-2706
診療時間:日・月・水・木9:00~12:30 14:00~18:00 火・金9:00~12:30
〒880-0835 宮崎県宮崎市阿波岐原町前浜4276-1261
検査
Home > 検査

検査

 

内視鏡検査

内視鏡検査とは、先端に小型カメラ (CCD) またはレンズを内蔵した太さ1cm程の細長い管を口あるいは肛門より挿入し、食道、胃、十二指腸や大腸の内部を観察し、時には治療を行うものです。医療機器や技術の発達により応用範囲も広がり、診断から治療までスムーズに行われるようになってきました。

胃内視鏡(胃カメラ)

胃カメラは食道、胃、十二指腸を観察し、がん、ポリープ、潰瘍、胃炎、ピロリ菌の有無などを診断します。

逆流性食道炎
逆流性食道炎は、強い酸性の胃液や、胃で消化される途中の食物が食道に逆流して、そこにとどまるために、
食道が炎症
を起こし、胸やけや胸の痛みなどさまざまな症状が生じる病気です。
逆流性食道炎は、もともと日本人には少ない病気でしたが、食生活の変化などによって、最近、患者さんが増えています。比較的薬の効きやすい病気ですので、過度の心配は必要ありません。
内視鏡にて診断できますので、ご相談下さい。

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡とは、細いファイバーを使って鼻から入れる胃カメラです。
従来の胃カメラと違って

  • 吐き気が少ない
  • 検査中に話ができる
  • 麻酔も少量で済み、身体にやさしい
  • 細経スコープのため、受診者の検査負担が少ない
など様々な利点があります。
また、高い画像処理・電子技術により、病変の早期発見と診断が可能です。

大腸内視鏡(大腸カメラ)

大腸内視鏡は大腸を観察し、大腸がん、大腸ポリープ、腸炎などを診断し、大腸ポリープ(がん)の手術も同時に行えます。

1.通常例

通常の患者様です。

2.過腸症例

高度便秘症で大腸の長い患者様です。

3.癒着過腸症例

腹部術後の癒着のある患者様です。

通常例最新版

※撮影において患者様の同意は得ております。

ピロリ菌検査

胃がんの発がん物質であるピロリ菌の診断、除菌治療を行っております。
ピロリ菌の診断は

  • 便中ピロリ菌抗原検査
  • 尿中ピロリ菌抗体検査
  • 尿素呼気試験
  • 血中ピロリ菌抗体検査
  • 内視鏡検査
  • 病理組織検査

などがあります。

 
臨床試験における オプトアウトについて 求人情報

↑クリックで拡大
〒880-0835
宮崎県宮崎市阿波岐原町前浜4276-1261
TEL 0985-26-2706
FAX 0985-23-2708
当院ではクレジットカードがご利用いただけます(JCBもご利用可能になる予定です)
内痔核硬化療法剤による治療について い~じ~net 健康情報 NHK「100万人の花は咲く」


そらの内科・肛門外科クリニック
〒880-0835 宮崎県宮崎市阿波岐原町前浜4276-1261
Copyright (C) 2012 そらの内科・肛門外科クリニック All Rights Reserved.